ニキビを作らないために。

ニキビって、14歳ごろから一気にできてくる。
そして怖いぐらいに増えてくる。そのうち、顔一面ニキビ畑になってしまいます。

なんで、こんなに急にと思うのですが、一つには食事だと思います。このくらいの年齢になると、肉食が多くなってきますよね。

 

それに、食べる量が半端じゃなくなってきますね。これ、やっぱり私の経験から言わせてもらうと、肉はニキビに変身する。
なので、魚に変えます。


量は山ほど食べてもほぼ大丈夫です。魚のDHAは頭脳にも良いし、中学生の一番大事な時期に、一石二鳥なの
です。それから、洗顔、綺麗な手で洗いましょう。だいたい、ニキビを増やしてしまうのは洗顔の時にニキビを手でつぶして、し
まい、そのつぶれたところから広がります。病院に行ったこともありますが、一個一個のニキビに、緑色の軟膏をのせ顔中緑いろの
点々だらけになり、まさかと思ったけど、そのまさかで、病院の先生曰く、「そのまま家に帰りなさい。」とのこと。z
周りの人の
目を気にしながら、多分笑われるんだろうと思っていたら、周りの人に引かれてしまいました。

泣きたい気持ちで帰った思い出、
忘れられません。病院にはその日以来行ってませんが、その日、私を見た母が魚食に変えようと言ったのです。とにかく母の言う
通りでした。一ヶ月ぐらいかかったと思います。でも、綺麗にもとどおりの肌に戻りました。中2の多感な時期でしたので、今も
思い出しては母に感謝しています。皆さんも作らないために、さかな食にしてみてはいかがですか?お勧めします。