日常生活におけるニキビ予防

30歳を超えても、家事や育児の疲れや、子供は早くに寝かせ旦那は深夜に帰宅という不規則な生活習慣などによって疲れが溜まっているときはとくに大人にニキビがでてきます。ホルモンバランスの崩れは体調だけでなく肌にもすぐに現れるようです。

 

私は毎日の生活の中で出来る簡単なニキビ予防を考えて実行しています。

 

まずは、ニキビができるとつい何度もごしごしと洗顔をしてしまいがちですが、肌に必要な水分を逃してしまったり、ごしごししたことによって肌に刺激を与えてしまうことにもなるので洗顔は最低限の回数にし、優しくそっと泡だけを肌にのせてそっと肌にすべらせるような感覚でしています。

 

それから、ニキビができてしまった時こそしっかりと保湿をするようにしています。ニキビが出来たときは何となくオイルや水分を肌に足すことに抵抗を感じる方も多いと思いますが、肌の内側が乾燥して乾いている状態の時にうるおいを補うために皮脂の分泌が活発になるのだそうです。ですから、私は普段は洗顔後の化粧水・乳液を使用し、定期的にピーリングケアをするように心掛けて生活しています。

 

また、食生活については脂質の摂取を出来るだけ控え、チョコやチーズ、バター、クリーム、ココアなど全部大好物なのですが我慢しています。それと同時に、食物繊維を多く含む野菜や果物を多く採り日頃から便秘にならないように気を付けています。私の場合便秘になると必ずニキビが出てくるのです。