いつまでニキビに付きまとわれるのか

根っからの超脂性肌で、小学生のころからニキビに悩まされてきました。

 

大人になった今でもニキビが消えることがないので、かれこれ15年くらいの付き合いになります。

 

小学生、中学生の最もニキビがわんさかあった時に、「大人になったら消えるよ」と言った大人たちは何だったのでしょう。

 

25歳を過ぎてもまだ大人ではないということでしょうか。
ニキビは、私の人生で常に悩みのトップにいます。

 

ニキビとさよならするために施した対策は数知れません。

 

ニキビに効くといわれた洗顔料などのスキンケアアイテムはいくつ手に取ったことでしょう。


 

しかし、ケアすればするほどどんどん悪化していく一方でした。

 

当時はニキビケアの基本は洗顔だと言われていたので、ニキビ肌用の洗浄力、殺菌力の強い洗顔フォームでひたすら洗っていました。

 

今はふわふわもこものこの泡で優しく洗うのがいいとされていますが、当時はそのような情報はありませんでした。

 

ひたすらゴシゴシこすっていました。できたニキビと取り除くかのようにむしり取るように洗っていたのです。
なので、洗顔後に出血するようなことは日常茶飯事でした。

 

今思えば、肌をボロボロにする方法ばかりでしたが、それくらい悩んで必死だったのです。
高校生になると、多少は落ち着いてきましたが、ニキビは相変わらずあるままでした。

 

大学生〜社会人になるころには、新たな生理前に大量発生するニキビにも悩まされました。
これは、婦人科で漢方薬を処方されてだいぶましになりましたが。

 

それでも完全消滅することのないニキビはいつまで私の肌にまとわりつくのでしょうか。