ニキビ対策でもっとも大切なこと

巷に溢れているニキビ肌用の化粧品や薬にも一定の効果はありますが、個人的な経験から強く思うことは、基本的なスキンケアを正しく行うことによってニキビを予防し、できてしまったニキビを早く治すことは充分に可能だということです。
朝と晩の一日ニ回、手の中でしっかりと泡立てた石鹸、もしくは洗顔フォームで顔を洗います。
ゴシゴシこすらず、泡で包み込むようにして、ぬるま湯で洗うことがポイントです。洗顔後はすぐに化粧水をつけます。
コットンでパッテイングするより、手のひらで叩き込むようにつける方が肌にはよく浸透します。
化粧水は安いもので構わないので、たっぷりと使います。 ニキビができる原因の一つに、肌の水分と油分のバランスが崩れ、油分過多になることが挙げられます。
化粧水で水分をたっぷりと補給することにより、油分の方に傾いている肌の状態を正しいバランスに整えることができるのです。
化粧水の後は、乳液をつけます。量は化粧水ほどたっぷりである必要はなく、肌に薄く伸ばせる程度で構いません。
ニキビ肌は脂っぽいので乳液は省略するわ、というのは間違いです。 乳液に含まれている油分には、化粧水で与えた水分が肌の表面から蒸発してしまわないように蓋をしてくれる役割があります。
したがって、乳液をきちんとつけないと、肌の水分と油分のバランスが再び油分の方に傾いてしまうことになります。
これまで述べてきたことは本当に基本的なケア方法ですが、以前の自分を含め、基本的なことをきちんとできていない人がとても多いのもまた事実です。 基本的なスキンケアのステップをしっかりとふまえた上で、できてしまっているニキビの上に薬を塗るという方法が最強です。
古くから家庭の常備薬として有名なオロナイン軟膏、実はニキビにとても効きます。

ニキビができてしまった後はもちろん、ニキビができそうだと思った時に肌に薄く塗っておくのも効果があります。