ニキビ跡対策としての美白ケア

大人ニキビやニキビ跡に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

 

大人ニキビの原因は、不摂生な生活習慣、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥などがあります。
大人ニキビは、同じ箇所に繰り返しできる、治るまでに時間がかかる、ニキビ跡にやりやすいなどという厄介な特徴があります。

 

大人ニキビの大敵は肌の乾燥ですので、しっかりと肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐことが重要になります。
肌にうるおいが増すと角質のバリア機能がアップしてニキビができにくい肌環境に導くことができますし、ターンオーバーが活発になるのでニキビができてしまっても肌の再生を速めて色素沈着を防ぐことができます。

 

ニキビ跡の美白ケアについてですが、漂白作用がある美白成分であるハイドロキノンや抗酸化作用が強いビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使用して丁寧なスキンケアを施すことが大切です。

 

ハイドロキノンの漂白作用を最大限に引き出すためには保湿ケアの徹底も重要になります。
洗顔後はピーリングやふき取り化粧水などを使用して角質ケアをするのがおすすめです。

 

肌のコンディションが整って肌をなめらかにさせることができ、その後に使用する化粧品の浸透力も高まります。
化粧水をつける前にブースターを使用して角質を柔らかくしておくことも保湿効果を高めるためのポイントとなります。
化粧品に配合されているハイドロキノンの成分の浸透力も格段にアップさせることができて美白効果を高めることにもつながります。

 

きちんとしたケアで大人ニキビやニキビ跡対策に努めましょう。